2018年1月21日日曜日

春鹿・純米吟醸しぼりばな

久しぶりに自宅でお酒を楽しんで。
奈良県のお酒「春鹿」さんの純米吟醸「しぼりばな」です。
偶然、仙台三越に来ていらした時に買っておいたのです。
奈良のお酒では有名なところも多いのですが、私は春鹿さんが好きです。酒呑みに共通する好みなのかもしれません。
疲れた日でしたので明日の体調を心配して、半分呑んで止めておきました(笑)
ご馳走様でした。

2018年1月19日金曜日

ビストロ・アンセルクルさんで冬だけの楽しみ

昨夜は家の人の用事で遅めの夕飯でした。
支度も遅れるので、近所のビストロ・アンセルクルさんで夕飯でした。

定番の「ホタテのタルタル」の後は、「野菜惣菜のサラダ」でした。これは良いですね!野菜が沢山食べられます。
ローラン・バーンワース(ローラン・バーンワルト)のロゼも旨旨でしたが、厳密にはロゼではなくて白なんだよな〜不思議な話。

私は「挽肉とマッシュポテトにトリュフ風味のグラタン風」みたいな熱々を頼みました。これに月山ハナ茸がタップリのってますよ。旨旨です!

家の人は「牛ほほ肉のワイン煮」です。岩手産の肉厚なシイタケも良い香りでした。かなり気に入った様ですが、このシイタケは今の時期だけの限定品なのです。冬だけの楽しみですね。
ご馳走様でした。

2018年1月18日木曜日

「ハクメイとミコチ6」と「悪のボスと猫2」

楽しみにしていた「ハクメイとミコチ6」が到着。
早速、楽しいですね。
こちらも到着。
「悪のボスと猫2」は「ハクメイとミコチ」が読み終えたらスグに読みたいです。
しばらく楽しい日が続きそうです。

鰤トロと毛蟹汁

昨夜は雨でしたが、鮨勘名掛丁支店にて夕飯でした。雨でもお客さんは来るものです。
乾坤一の温燗を呑みながら、刺身は鰤トロなども。
毛蟹汁も頂きました。味噌と蟹が良く合います。
隅々まで蟹を食べ尽くしました。旨旨です。
畝須には、色々と味噌や辛子。ニンニク味噌や神楽南蛮味噌が合いますね。
茎ワサビは酒のつまみになりました(笑)
ご馳走様でした。

2018年1月16日火曜日

デンマークカクタス「カルメン」

仕事場で育てているデンマークカクタス。その中でも一番遅く咲き始めたのは「カルメン」でした。
カルメンが咲き始めるとデンマークカクタスのシーズン終了間近。寂しくなります。

昨夜の散歩の途中。ホシヤマ珈琲店さんにて休憩でした。
乾馬窯のカップが定番になってきました。カップはお客さんに合わせて出てくるので、私のイメージが固まっているのです。冬のジャケットを固定しているからかも・・・着た切り雀な私。

テーブルにはアルストロメリアが満開でした。
このテーブルの花は、月曜日に見るのが一番です。
春が待ち遠しくなります。

ドメーヌ・ド・レセットのクレマン

昨夜はクレマンを呑んで良い気分でした。
ドメーヌ・ド・レセットのクレマン。アリゴテも使われているそうで、普通のクレマンよりも酸が強めかもしれません。酸がしっかりしているので呑み飽きないクレマン。
ワイングロッサリーさんには感謝しないといけませんね。
Cremant de Bourgogne / Domaine de L'ecette

昨夜は鳥長さんに寄って買って来た砂肝とハツ。
鶏ハツは焼いて、砂肝は煮付けてもらいました。これが旨いんだよね〜
クレマンと鶏は良い感じで・・・クレマンを呑み干してました。フハハハハハ

宮城県産の「ちぢみ菜」もお浸しで。近所の八百屋さんで買って来てよかった。
最近は冬晴れしない地域のニセモノが流通しているのですが、冬晴れして寒くて乾燥している仙台平野の物は全然違うのです。
葉の厚みも甘さも、この時期でしか楽しめませんね。
ご馳走様でした。

2018年1月14日日曜日

どんと祭、スーパー炒飯

「どんと祭」は今年も近所の瀧澤神社へ行きました。
小さな神社なのですが、氏子さん達が集まって活気のある境内です。今回も、玉コンニャクと甘酒を振舞ってました。
どんと祭が始まると近所の方々が続々と集まってきます。意外とお参りする人が多い神社です。
消防団が常駐しながら燃やす役目もするので、ビル街の神社ですが安心?ですね(笑)
この辺の消防団は軽自動車ではなく、小さな消防署に配備されるクラスのポンプ車を運用しているんですね。最近は消防団も装備が良くなっているんですね。

今日のお昼は「たべにおいで」に食べに行きました。
年明け最初は「スーパー炒飯」でした。野菜たっぷりで嬉しいですね。
今年もお世話になります。
ご馳走様でした。